本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 中国 > 大堂

大堂

                                  中国:教会

マカオの主教座教会


カトリックのマカオ教区における主教座教会(カテドラル)。最初の聖堂は1622年に創建されましたが、台風で損壊したため1844年から6年かけて再建され、今日の姿になりました。
かつてマカオ総督は新しく任命されると、この教会で祝福を受けるのが慣わしとなっていました。

大堂


毎朝7時半からミサを行っており、今もここで祈る人たちを見ることができます。

聖堂内ではくれぐれも静粛にし、ミサや祈りに来ている人たちの邪魔にならないように気をつけたいものです。

この聖堂と前にある広場は世界遺産に登録されています。



大堂

周りもキリスト教関係

世界遺産の説明板

前の広場

聖堂内部

祭壇

側廊

キリスト像

正面

ステンドグラス

ステンドグラス

入口付近



 現地への行き方
セナド広場から徒歩3分。


訪問の際は最新の情報を得るようにし、現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>